「英語」の教科書が難しくなっています

令和3年4月。

中学校で新学習指導要領の実施が始まりました。

特に「英語」の教科書が難しくなっています。


中学1年生の学習内容は、小学校5・6年生で英語を学習した(600~700語をマスターしていること)が前提になっています。

学校外で英語を学んできた子と、そうでない子の差が大きくでます。

英語は学力差が大きい教科と言われています。

中学1年生で英語に抵抗感をもってしまうと、ずっと引きずってしまいます。


「単語はひたすら書いておぼえる」

という経験をされてきた保護者の方は多いと思いますが、発想を変える必要があります。

タブレット、スマホに慣れている今のお子様たちには、単語なども音(発音)から入るなど、効率的に抵抗なく学べるコンテンツがおすすめなのです。


◇◆オンライン英会話GeT(ゲット)

外国人講師によるマンツーマンオンライン英会話。月4回(1レッスン15分)5,500円。

自宅でも教室でも受講可能なので、コロナ禍でも安心して学ぶことができます。

https://pepo.amebaownd.com/pages/4635302/English

子どもパソコン教室Pasocoぱそこ

パソコン教室”Pasoco”ぱそこは3歳から高校3年生までに特化した「こどものためのパソコン教室」 パソコンの基本操作やロボットプログラミングまで学べます。また、オンライン英会話教室、速読(速読解力)教室、そろばん教室、ことばと作文の教室、3歳からの学習トレーニング教室も併設。 不登校訪問支援カウンセラー資格を保有するスタッフが指導しています。