小学校の先生方。夏期講習でプログラミング体験はいかがですか?

2020(平成32)年から小学校でのプログラミング教育の実施が本格化しました。

現在のところ、教科と連携させてプログラミングを学ぶ方針のようです。


ですが、正直なところあまりピン!と来ないですよね。


そもそもプログラミングってなに!?っていう先生もいれば。

パソコンに詳しい(とくにエクセルのマクロに精通している)先生には

プログラミング=命令を入力して実行させるものというイメージが強いと思います。


パソコン教室”Pasoco”ぱそこは、

小学校の先生方へ、夏期講習としてScratchプログラミング講習をご提案いたします。

一校一回のみですが、約120分の無料講習を実施させていただきます。


実施要項は下記のとおりです。

★対応地区:茨城県県南・県西地区

★受講対象:小学校の先生

★開催日時:夏休み期間中の水~金曜日、10:00~12:00の間

★費用:無料(当校ホームページに講習の様子を掲載させていただけることが条件)

★その他:学校のパソコン教室を使用します。

児童用パソコンでScratch(https://scratch.mit.edu/projects/editor/)が使用できるか

事前にご確認をお願いいたします。


お問合せは、教室ホームページまたはお電話にてお受けいたしております。

お気軽にご連絡ください。


Let's try!Pasoco

パソコン教室”Pasoco”ぱそこは4歳から高校3年生までに特化した 「こどものためのパソコン教室」 パソコンの基本操作からロボットプログラミングまで学べます 自宅開校型教室ですので緊張することなく気軽に通えます 不登校訪問支援カウンセラー資格を保有するスタッフが指導しています 不登校のお子さんも安心して通えるようサポートいたします

0コメント

  • 1000 / 1000