1分間あたりどのくらい入力できますか?

文部科学省が平成25年度に実施した「情報活用能力調査」で

小学生は、1分間で「5.9文字程度」

中学生は、1分間で「15.6文字程度」

という結果が出ているそうです。

調査対象は、

・国公私立の小学校第5学年児童(116校、3,343人)

・中学校第2学年生徒(104校、3,338人)

もちろん、入力の得意な子もいれば、あまり得意ではない子もいますが

小学校の授業時間は45分

中学校の授業時間は50分

ということを考えると、この速度では、パソコンを使って資料の作成やプレゼン資料の作成を

学校の決まった時数の中で行うには、とても難しい状況といえます。

それぞれ45分、50分という授業時間をフルに使うことはできません。

パソコンの電源のオン・オフなどの準備片付け、先生からの説明などに10分は必要となることもあるでしょう。

そう考えると、実質、子供たちがパソコンで作業できるのは1回に35分~40分ほど。

小中学生の1分間の文字入力を参考にすると

1回の授業で、小学生206.5文字、中学生で624文字です。

作文でつかう原稿用紙は、だいたいが400字詰めですので、用紙半分~1枚半くらいですね。

これでは、授業で資料作成を行うのは「難しい」となり、

結果、手書きでの資料作成を行う機会が多くなります。

手書き、パソコンそれぞれに特性があるので、上手に使い分ける為にも、文字入力の技能をしっかりと身につけておく必要があります。

当校の小学生は1分間に45文字程度、中学生は80文字程度です。

もちろん個人差があるので、これより多く入力できる子もいれば、少ない子もいます。

毎週練習をして、少しずつ結果が出てきます。

大人になってから改めて学ぶことは大変です。

今から少しずつ始めましょう(^^)

Let's try!Pasoco

パソコン教室”Pasoco”ぱそこは4歳から高校3年生までに特化した 「こどものためのパソコン教室」 パソコンの基本操作からロボットプログラミングまで学べます 自宅開校型なので緊張することなく気軽に通えます

0コメント

  • 1000 / 1000