「子どもたちの未来」へつなげよう

 現代の子供たちはスマートフォンやタブレットが身近にあり、ネット検索やSNSなどを使いこなしています。

しかし一方で、キーボードの文字入力が苦手であったり、パソコンが分からないという社会現象が問題となっています。

パソコンを使いこなすためには、やはり「触れる」「慣れる」ことが大切なのです。

「パソコン講座」では、学年にあわせた授業内容でコンピュータの幅広い知識を身につけることができます。

「パソコン小学生講座」

ぱそこでは、知識だけをただ意味も分からず学ぶのではなく、教科に絡めてパソコンを学んでいただくようにしています。

だから、パソコン操作だけ学ぶのではなく、ドリルやアプリを使って算数や国語、社会、英語などの学習を行っています。


パソコンで文字入力をした際に正しい漢字を選択するためには「国語の知識」が役立ち。

Excelで平均を求める際には「算数の知識」が役立ちます。

教室で使用している学習ドリルは、無学年式。

1回1ページ、5~10分程度で進めるため、学習の自信につながります。

学習アプリは「ランドセル」等を使用しています。

学習のあとは、Microsoft Office(Word、Excel、Powerpoint)やScratchプログラミングの操作を学びます。

今日学習したことを、WordやExcelでレポート作成したり、Scratchで再現したりします。

パソコン教室で習ったからこそ身につく部分はとても多いのです。

「パソコン中学生講座・高校生講座」

中学生と高校生のクラスでは、資格取得を目標にしたWord、Excel、Power pointのレッスンを中心に、タイピング練習を必ず行います。

文字を正しい指づかいで入力できることは、パソコンを操作するうえで必ず必要です。

入力がスムーズにできると、文章のデザインや作成、校正に時間を有効に使えます。

時間を有効に使えるということは、それだけ質の高いものを作ることができるようになります。

手書き文字の約2倍の速さが目標「タイピング」

タイピングは「えんぴつの持ち方」を学びことに似ています。

美しい文字を書くためには、正しい持ち方が大切です。

「自己流で打てる」から大丈夫!

ではなく、タッチタイピングを身につけることで早く正確にタイミングできることがこれから必要になります。

☆教室で取得できる資格☆

P検(ICTプロフィシエンシー検定試験)

情報処理技術者能力認定試験(サーティファイ)

毎日パソコン入力コンクール・・・タイピングスキルの証明になります

※両方とも、入試の調査書(内申書)や、履歴書に記載できます。



☆レッスンの流れ☆

・小学生:タイピング練習(15分)➡ パソコンや学習ドリルで算数や国語の予習復習(10分)➡ WordやExcelで課題作成(30分)

・中学生・高校生:タイピング練習(15分)➡ 課題作成(40分)

※検定試験前は対策レッスンを行います。生徒ひとりひとりに合わせたカリキュラムを実施します。