プログラミングを習う必要性

将来お子さんが、プログラマーなどIT系に進むか分からないから

プログラミングを習わせる必要はないと思われがちです。

将来の「仕事」に役立つから習わせるのではなく、

「論理的に物事を考える力」をつけていただく習い事です。


経験したことのない事態に直面した時に、自分で考え、答えを導き

だす力が、これからの子供たちには必要です。


プログラミングは、エラーが発生した時、予定どおりに動かなかった場合に

どこに問題があったのか

どうしたら回避、解決できるのか

を考えます。

このトライ&エラーが、子供たちの「論理的に物事を考える力」を養います。


また、ただ作って終わりではなく、自分の作品を紹介したり、

だれかの作品を体験したりすることで「伝える力」も養われます。


ぜひ、親子でプログラミングを体験にお越しください。



Let's try!

パソコン教室”Pasoco”ぱそこは 4歳から高校3年生までに特化した 「こどものためのパソコン教室」 パソコンの基本操作から ロボットプログラミングまで学べます 自宅開校型なので緊張することなく気軽に通えます

0コメント

  • 1000 / 1000