ぱそこで学ぶことができる「プログラミング」は3種類。

ものづくりが好きなお子さん向けの「もののしくみ研究室」。
小学生向けの「Scratchプログラミング」。
中学生向けの「Codemonkey」。

何を選んだらいいのか。お子さんに向いているのはどれなのか。
迷った際には講師がアドバイスいたします。


「Codemonkey講座」

Codemonkey(コードモンキー)は、世界中で子どもから大人まで幅広く学んでいるプログラミング学習ツールです。

ブラウザ(インターネット上)で学習できますので、ソフトのインストールが必要なく、自宅でも学習を進めることができます。

当校では、コードモンキーに限り

完全自宅学習の
オンラインクラス

も同時開校しております。

教室へ通う必要がないので全国どこでもOK!

困っていそうなときや停滞している時などに、適宜、ヒントやアドバイスをいたします。


【オンラインクラスのメリット】
★自宅で空いた時間にいつでも進められる

★分からない所はメールやLINEで何度でも質問OK


【やっぱり直接教わりたい!でも教室へ通えない!

というお子様向けの1回30分オンライン授業(Skype)のご希望も承ります(追加料金:1回550円)


初級クラス:ビーバーアチーバー・コース

Scratchと同じく、命令ブロックを組み合わせて行う「ブロックコーディング」プログラミングです。
ビーバーを命令で動かしてダムを建設するところから始まります。
ゲームのように楽しみながら「プログラミング」の基本を学ぶことができます。

難易度:★☆☆☆☆
推奨年齢:4歳~小学1年生


中級クラス:基礎コース

ブロックコーディングに慣れてきて、もっと本格的にプログラミングを始めたいお子さんにはCodeMonkey基礎コースをお勧めしています。

こちらはテキストコーディングと呼ばれるプログラミングで、命令文をキーボードで入力するプログラミングです。

難易度:★★★☆☆

推奨年齢:小学2年生~


上級クラス:ゲームビルダーコース

Codemonkey基礎コースの受講終了者、または、同等のプログラミングスキルを持った方のみ受講可。
アクションの作り方、スマートフォンと連動方法、画像組み入れ方などを学びます。
オリジナルのゲームを作成し世界に発信しましょう!

難易度:★★★★★


「Scratch講座」

ビジュアルプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」を使い、ゲームやアニメーション作品をつくることができます。

課題にそったプログラミングで基礎力を。

それが完成したら、自分の考えたプラスアルファを加えます。

プラスアルファの活動では、思い描いたとおりに動かなかった理由を探り、プログラムを改良する作業を繰り返し自分の考えをかたちにすることを学びます。

プログラミングコンテストや、ジュニアプログラミング検定(サーティファイ主催)など、ただ開発するだけではなく、学んだことを表現することを推奨しています。

難易度:★☆☆☆☆

推奨年齢:小学1年生~


☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
 Scratchでマウスのクリック練習をするためのゲーム

「クリックれんしゅうゲーム」をつくってみました

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡


「もののしくみ研究室」

学研グループの(株)学研エデュケーショナルと、学校教材メーカーの(株)アーテックの共同開発した教材を使用します。研究室のキャッチコピー「世界にあるものは自分でつくれる!」にもあるように、子どもたちの身近にあるもの(自動ドア、信号機、踏切など)を作成し、どういう構造になっているのかや作られたきっかけなどを研究することができます。

ブロックが好きな子、細かい作業が好きな子、ものづくりが好きな子におすすめの講座です。

難易度:★★★☆☆

推奨年齢:小学3年生~


お子さんによって学びのスピードは異なります

「どちらの教材がお子さんにとって学びやすいのか」を考えて指導していますので、みんな同じ教材をつかったり、カリキュラム通りに行うとは限りません。ゴールは同じでも、そこへ行くまでの道のりは千差万別。

小さなパソコン教室だからこそできる指導です。

☆レッスンの流れ☆

タイピング(5~15分) ➡ プログラミング